記事

ドリンクメニュー 日本酒

  6月から当店限定ドリンクメニューを始めました。

日本酒、3種利き酒セット、夏季限定「あさ開」純米吟醸

他、日本酒を色々揃えて営業しています。

  やきとりも「ご当地やきとり串巡り」と題して色々なご当地

食材を使ったやきとりも行っています。当店限定やきとりも魅力です。

是非、ご来店を!

  

日本酒、あさ開をメインに。

 串ハ珍浅草橋店です。

 創業148年、岩手盛岡の”あさ開”さんの日本酒を季節の商品や

 各製品を取り扱っております。

 あさ開きの東京支店が当店の近くにあり色々と支援してもらっていまして

 一つのメーカーさんだけでも様々な日本酒のラインナップがあります。

 当店で扱っている岩手盛岡の”みやこ鶏”の焼き鳥と合わせて飲むと

 相性抜群!!

 是非お試しください!! 利き酒セットもありますよ!!

 店主

春のお酒

   浅草橋店、限定で春限定の日本酒を入れました。

 気候も大分、温かくなってきました。日本酒と共に焼き鳥を

 お楽しみ下さい。

   尚、当店限定の宴会コースも予約にて受け付けております。

 お気軽にお問合せ下さい。

   お一人様やご家族、お勤め仲間とお気軽にご来店下さいませ。

明けましておめでとうございます。

  明けましておめでとうございます。

 

 今年も皆様が心地よく過ごせるようにスタッフ一同精進して行きますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 串八珍、メニュー変更後、焼き鳥だけでわなくお酒のおつまみ充実致しました。

お一人様やお子様含めた家族の皆様でご来店、お待ちしております。

 

 引き続き、ご宴会コース、お席の予約、受け付けておりますのでお気軽に

ご連絡下さい。

グランドメニュー変更

  元祖串八珍のメニューがリニューアル致しました。

 お酒のおつまみも増えちょいと一杯の感じでお立ち寄り下さい。

  忘年会の予約も受けています。お気軽にご連絡下さい。

メニュー変更

  当店のおすすめメニューが新しくなりました。

 焼酎も種類を増やし新しいボトルを入れました。ボトルキープも出来ますので

 お気軽に足を運んでください。

席予約

  お席の予約、電話にて受け付けしています。

 当店は、夕方16時にオープンします。お仕事が早く終わりましたら

 是非、当店をお使いください。

  土曜日は、お子様とご一緒に家族でのご来店も歓迎です。

 一度足を運んで見て下さい。お待ちしています。                                                  

店内テレビ中継

 元祖串八珍 浅草橋店にて11月10日(金)に店内にて

サッカー日本代表vsブラジル代表の試合をテレビ中継致します。

お席の予約をお待ちしています。

 ちなみに野球日本シリーズも中継していましたが毎試合多くのお客様

に来店していただきありがとうございました。

 

駅チカだったり、情緒があったり…赤ちょうちんの魅力

赤ちょうちんとは、飲み屋の通称のことです。居酒屋なども含め、気軽に一杯やれるお店のことを指します。文字通り、軒下に吊るされた赤ちょうちんが印象的なお店も多く、そこはかとなく昭和の雰囲気が漂い、仕事帰りのサラリーマンたちの足を誘います。

昨今では、大学生などの飲み会はもちろん、OLたちの女子会にも頻繁に利用される場所になっています。そんな赤ちょうちんの魅力とは、一体何なのでしょうか?

まずは、その情緒的なムードでしょう。どこかしら、うらぶれた雰囲気があったり、肩肘張らずに寛げる懐かしい感じがあったりと、そこに癒しのようなものを感じる方も多いようです。たしかに、店内装飾も和風のところが多く、おふくろの味を思い出させてくれる和のメニューが中心で、ほっこりできる場所と言えるでしょう。

あるいは、お店の場所が駅チカにあることが多いことも赤ちょうちんの人気の秘密です。
ほとんどの赤ちょうちんは、駅から程近い場所に店を構えていますが、そういった好立地は、気持ちよく酔って家に帰る時にも助かります。
たとえ、千鳥足であっても、すぐそこに駅があれば、タクシーにも乗らずに済むでしょう。

赤ちょうちんの魅力として、忘れてはいけないのが、値段の安いことです。1,000~2,000円もあれば、美味しいつまみをあてに、お酒のチョイ飲みができます。また、仲間との会話が弾み、長居したとしても、勘定を気にせずに愉しむことができるでしょう。

一人でふらっと入るもよし、大人数でワイワイやるもよし、赤ちょうちんは、都会の中のオアシスと言っても過言ではないかもしれません。

駅チカでふらっと飲みにいく楽しさ

夕暮れになり、飲み屋の赤ちょうちんに灯がともる頃になると、あたりには食欲をそそるような良い香りが漂い始めます。店内で提供される料理の香ばしい匂いと、軒先に吊るされた、赤ちょうちんのオレンジ色の灯りに、ふらっと引き寄せられる方も多いことでしょう。

いわゆる、赤ちょうちんは、ビールやチューハイ、日本酒などのアルコールを提供しながらも、バーなどに比べると、料理の種類や量も多く、飲・食の両方で満足できる飲み屋です。会社帰りのサラリーマンが同僚たちと一杯やりに行くといえば、昔からこの赤ちょうちんが定番であり、日頃の鬱憤を発散させ、仲間との絆を深め、明日への活力を養うといった空間でもあります。

赤ちょうちんは、駅前や駅チカに店を構えていることも多く、そのアクセスの良さも愛される条件のひとつです。大なり小なり、酔って帰ることを前提で飲みに行くわけですから、駅から近いことは非常に安心なことでもあるでしょう。

そんな赤ちょうちんも、近年ではサラリーマンに限らず、OLや大学生たちの飲み会などにも大いに利用されるポピュラーな場所になりました。

それでも、近所の親父さんなどが散歩のついでに、ふらっと立ち寄れるような、そんな懐の深さも兼ね備えているのが、赤ちょうちんと言えるかもしれません。

どことなくうらぶれた、昭和のムードが漂う赤ちょうちんなら、チョイ飲みにふらり立ち寄るような楽しさがやはりお似合いなのではないでしょうか。

ともあれ、今夜も赤ちょうちんの引力に抗えない大人たちが、その暖簾をくぐることは間違いないかもしれません。