記事

年末の宴会コース

 串八珍浅草橋店です。

 現在年末商戦に向けての宴会コースを検討中です。

 他店さんを見渡すとお手頃な価格で宴会コースを設定しております。

 当店もお値打ち価格で、納得の内容を思案中。

 3000円の飲み放題と、単品で1600円の飲み放題で考えてます。

 内容がきまりましたらホットペッパーなどでもお知らせします。

 だいぶ涼しくなり1枚上着が必要になってきました、風邪に気負つけて

 本日も頑張りましょう!

居酒屋で飲みすぎず、適度にお酒を飲むためのポイント

特に若い年代では、お酒を飲み過ぎてしまい、大きな失敗をしてしまうと言う経験をした事があると言う方は多い事でしょう。特に居酒屋で飲み放題のコースなどを注文すると、ついつい飲み過ぎてしまい、家に帰るまでの記憶が全くないなんていう失敗もあるかもしれません。

ある程度お酒の飲み方を心得てくれば、こんな失敗もしなくなるものですが、中には適度なお酒の飲み方がいつまでたってもわからないと言う方もいらっしゃるようです。そこで今回は、適度にお酒を飲むためのポイントを紹介してみたいと思います。

まずは、お酒で失敗する際のシチュエーションについて考えてみると良いでしょう。お酒で失敗する時によくありがちなのが、仕事などでのストレスをため込んだ状態で飲む「ヤケ酒」のようなケースです。自暴自棄になりがちなこのケースでは、人の話も聞かず、ついつい飲み過ぎてしまいがちです。もし「ヤケ酒」をしたいのであれば、外で飲むより自宅で飲むのが良いでしょう。

また、お酒を飲み過ぎてしまいがちな人のタイプとしては、人との会話を楽しめないと言う人が多いとも言えるでしょう。飲み会のメインはあくまでも同席した人たちとの会話であると言う事を忘れず、会話を楽しむことに重きを置く事もまた、お酒を飲み過ぎないためには重要なポイントと言えるでしょう。

お酒を飲む事を楽しめるようになったら、お酒そのものの味を堪能してみるのも良いかもしれません。お酒を飲む事の目的が「酔う事」ではなく、「味を楽しむ事」に変われば、自然とお酒を飲み過ぎてしまうと言う事もなくなってくるでしょう。

浅草橋駅ではどの路線が使いやすい?

電車で浅草橋駅を訪れる際によくある間違いが、浅草駅で下車してしまうと言う事です。意外に思われる方も多いかも知れませんが、浅草は地方から来た観光客の方も多く、土地勘がないために、このような間違いをしてしまう方は多いです。もっとも、浅草駅から浅草橋駅までは都営浅草線で2駅、所要時間も3分程ですので、間違えた所で困る事もないのですが、電車賃を余計に払ってしまうことにもなりますので、浅草橋駅を始めて訪れると言う方は覚えておくと良いでしょう。

ところで、この浅草橋駅はJR総武線と前述した都営浅草線が乗り入れているのですが、どちらの路線がより利便性において優れているか考えてみた事はありますか?ここでは、それぞれの路線の特徴を比較し、どちらを利用して浅草橋駅を訪れるのが良いか考えてみたいと思います。

まずはJR総武線です。総武線は今回扱う区間の中でも、厳密にいうと千葉県の銚子駅から東京の御茶ノ水駅までの区間を指し、御茶ノ水駅以降は中央線扱いとなります。新宿や秋葉原などの繁華街から乗り換えなしで浅草橋駅を訪れる事ができると言う点は大きなメリットと言えるでしょう。一方で、千葉方面から都内への通勤客が多く利用するため、本数は一日を通して多いものの、特に通勤・帰宅ラッシュ時には大変混雑すると言うデメリットもあります。特に錦糸町駅~両国駅間の混雑率は、国内でも随一として知られており、この時間帯の利用はあまりお勧めできません。

一方で都営浅草線は、西馬込駅から押上駅(スカイツリー前駅)間を走る路線であり、こちらも通勤・通学時の混雑率は比較的高いことで知られています。一方で、スカイツリー前駅から直接浅草橋駅へ訪れる事ができると言う点を考慮すれば、観光目当てで東京を訪れている方には、よりお勧めできる路線と言えます。

以上の事から、どのような目的で、どの駅から浅草橋駅を訪れるかにより、使いやすい路線は異なると言えるでしょう。

浅草橋の問屋街としての歴史

浅草橋と言えば、近隣の蔵前やかっぱ橋と同じように国内でも有数の問屋街として多くの人に知られています。特に人形、玩具、文具、店舗装飾などを専門とする問屋は現在でも数多く存在し、小売商を始めとした多くの人が利用しています。

そんな問屋街としての浅草橋の歴史は、江戸時代の中でも享保年間(1716~1736年)にまでさかのぼる事ができます。当時この場所は浅草茅町と呼ばれており、雛市が頻繁に開催されていました。そのため、この地を中心に雛市で売られる雛人形や五月人形などを取り扱う問屋が増えていったと言われています。このような江戸時代創業の老舗の人形問屋の多くは、関東大震災や東京大空襲を経た現在でも浅草橋周辺に軒を連ねています。

一方で、人形だけでなく玩具、文具、店舗装飾などを取り扱う問屋が多く存在する現在の浅草橋の姿が形成され始めたのは昭和30年代頃とされています。戦後復興から高度経済成長への過渡期にあたるこの時期は、人々の生活が豊かになり始め、商売や子どもの教育などにも一層力を入れる事が可能になり、これらの問屋街が発展した要因と言う事ができるでしょう。また、この時期には問屋街周辺を走る都電やトローリバスなどの交通手段が最盛期を迎え、より多くの人がこの問屋街を訪れやすくなったと言う事もまた、問屋街としての浅草橋発展に大きな影響を与えたと言えそうです。

平成の不況期に入ってからも一定の需要を維持し続けた浅草橋の問屋街は、現在では若手のクリエーターが活躍する場としての一面もあり、歴史ある物と新しい物が融合した町として現在も発展し続けています。

今月のおすすめ

元祖串八珍浅草橋店です。

 

今月のおすすめは、

秋茄子の田楽焼き 350円

阿波おどりモモやき 350円

エリンギガーリックバター焼き 120円

カレー風味の手羽先揚げ 350円

です。

秋を感じるラインナップです、ふらっと一杯いかがですか?スタッフ一同お待ちしております。

 

タイトルテキストが入ります。タイトルテキストが入ります。

本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。本文文章が入ります。